ピアスには意味がある

男性と女性で注意して

ピアス

ファッションの一部となったレディースピアスですが、開ける位置や付ける数に意味があると言われているのはご存じでしょうか。そのためピアスについて詳しく把握しておくことが大切です。ピアスの始まりには諸説ありますが、魔除けの意味があったとされています。ヨーロッパの男性は女性といるときは右側を歩いてきたそうですが、お互いのピアスが見えるように男性は左耳に、女性は右耳に付けるようになりました。ピアスを対で付けることにより、エンゲージリングと同じような意味を込める地域もあるそうです。このことから、女性が右耳に付けるレディースピアスには「守られる人」といった意味があり、優しさや成人女性の証になっています。なお、右耳の反対である左耳にレディースピアスを付ける場合は、自分はレズビアンだという意味になるそうです。ちなみに、左に2つ、右に1つというように左耳のレディースピアスが偶数の場合もレズビアンという意味を持つことがあります。ノーマルの女性は左に1つ、右に2つというように右側を偶数にするようです。海外に比べ、日本ではあまり位置や数にこだわる人は少ないかもしれませんが、知識として覚えておいてもよいかもしれません。一度開けたピアスホールは元に戻ることはないので、どの位置にあけるかは大切なことです。耳たぶの下すぎると重たいピアスをするには向かないので注意してください。自分で開けるときは、開けたいと思う位置にマーキングするなどして気を使うのが良いでしょう。

種類に応じて選ぶ

ピアス

ボディ用ではなく、レディース用耳ピアスは多数の名称がある為、初心者にはわかりづらいといわれています。正式な呼び方と形を覚えておくと、特徴がつかめて買う時に選びやすくなることがある為、形と呼び方を覚えておきましょう。シンプルでぶら下がる装飾がなく、棒の部分とキャッチと呼ばれる留め金とに分かれているのが、スタッドピアスです。装飾の付いている物もありますが、基本的にはあまり付いておらず、ビジネスやプライベートと場を選ばずにつけられます。レディース用もメンズ用もあり、棒の部分に宝石や金属でできた装飾のある物が殆どで、金属だけでなくチタンや非金属の物も少なくありません。後ろの留め金をキャッチといいますが、ついていることで耳からピアスが抜け出なくなる為に造られているアイテムです。しかし、アメリカンピアスを中心にしたフックタイプは、レディース用の中でもキャッチが付いておらず、耳の後ろに痛みを感じる人にはぴったりです。チェーンタイプで後ろに流れる物が多く、つけ方や穴の大きさによっては抜け出てしまう可能性が少なくないので、注意しましょう。基本的には金属でできており、稀にそれ以外の物も存在していますが、アレルギー対策済みとして販売されている事が大半です。レディース用の中でピアスのイメージを強く感じさせるのがリング状ですが、リング部分を引っ掛けて使用する独自のデザインが特徴といえます。利用する時には用途や魅力的に感じるものを選択肢で選び、最良の物を購入して使うことが一番といえるでしょう。

女性に喜ばれるアイテム

婦人

ピアスは、今やレディースアクセサリーの中でも、指輪やネックレスと並んでポピュラーなアイテムの一つです。その人気の理由は、まず一度穴をあけるとイヤリングよりも手軽な点、そして留め金などの制限がないため、大きさやデザインの自由度が極めて高い点にあります。また、特にレディースのピアスはデザインも豊富で、おしゃれの幅がぐんと広がるのです。そして、男性が女性へ贈るプレゼントとしても、ピアスは人気です。それというのも、ピアスは他のアクセサリーと比べるとリーズナブルなことが多い上、仕事でもプライベートでも場面を選ばず使えるアイテムなので贈りやすいのです。また、指輪のようにサイズを合わせなくても良いため、サプライズプレゼントでも失敗する要素が少ないというメリットもあります。そして、レディースのピアスには「シンプルイズベスト」な人気の定番デザインが多く、男性の目で見ても分かりやすいのもメリットです。例えばダイヤなどの一粒ピアスや小ぶりのイニシャルピアスなら、仕事場でもつけられるため喜ばれます。また、女性でなくとも知っているような有名レディースブランドのアクセサリーも、ピアスなら比較的手を出しやすい価格帯ですから、予算内でブランドもののアクササリーを探したいという場合にも見つけやすいのです。ですから、女性にピアスをプレゼントする際には、人気ブランドのシンプルで上質なものが、一番間違いのない選択と言えます。