さまざまな種類がある

ツーリングに必須

バッグ

シートバッグというのは、ツーリングをするためにバイクに乗るときに使うバッグのことです。バイクの後部座席に取り付けるタイプが一般的です。後部座席なので走行の邪魔になりにくく、背もたれにも利用することができます。この点がリュックとは違うところで体への負担が非常に小さいです。シートバッグには多くの種類がありますので、選ぶときにはその特徴をしっかりと把握してから購入しましょう。基本的にシートバッグは容量が大きいものが多くて、およそ20リットルから25リットルのものが一般的です。しかしながら、いろいろなものを詰め込んでしまうと、なかなか取り出すのに時間がかかります。そのため、いざというときにすぐに物が取り出せるように小分けポケットが付いている種類のものがおすすめです。また、車体のサイズとシートバッグの大きさのバランスも考慮する必要があります。バランスが悪いと走行するときに悪影響を及ぼしますので注意しましょう。さらに、バイクは雨が降っているときに走行するときには雨が直接的に当たりますので、防水性能の高いタイプのものがいいです。シートバッグを選ぶときにはこのような特徴を持っているものを選ぶと、快適な走行が可能になります。ちなみに、シートバッグと一緒に使うと便利になるのがツーリングネットです。シートバッグの中に物をあまり入れたくたい人はこのネットに移すと便利です。是非自分のバイクに合ったシートバッグを選んで活用しましょう。

手ぶらでバイクに乗れる

バッグ

シートバッグは、オートバイや自転車の座席の後ろ側に取り付けるバッグです。シートバッグを取り付けることで、バイクに乗るときに必要な様々な小物の収納がとても楽になります。自動車と違って、バイクや自転車には小物を収納するためのスペースがほとんどないため、乗車するときに必要なものはバックパックやショルダーバッグ、メッセンジャーバッグなどに入れるしかありません。しかし、シートバッグを取り付けることで、手ぶらでバイクや自転車に乗ることができるようになります。ロングツーリングのときなど、長時間バイクに乗るときに、バックパックやショルダーバッグを背負っていると、肩が凝り、たいへん疲れてしまいますが、シートバッグがあれば快適にツーリングを楽しむことができます。シートバッグの中に入れるものは使う人によって様々ですが、グローブやサングラス、盗難防止用の鍵を入れたり、ツーリングに出かけるときには地図や着替えなどを入れることも可能です。シートバッグをバイクに付けっぱなしにしておき、パンク修理セットやエアポンプ、携帯工具などを入れておくという使い方も人気です。市販されているシートバッグは、皮革や厚手のキャンパス地でできたものが主流です。耐久性に優れており、一度購入すると、何年も使うことができるように頑丈に作られています。雨が降っても中身が濡れないように、表面が撥水加工されているものが多く、天候にかかわらず使用することができます。

お手入れはどちらも必要

鞄の付いたバッグ

シートバッグを選ぶ上で、とても重要なポイントを一つだけ挙げるとするなら、防水タイプか非防水タイプかという点でしょう。バイクは車と違って、雨を屋根で避けることが出来ませんので、当然ながらシートバッグも水浸しになってしまいます。また高速で走っていると、かなりの勢いで雨がかかる事になってしまいますので、非防水タイプだと簡単に中まで水が浸透してしまいます。非防水タイプでもレインカバーが取り付けられるタイプなら、取り敢えずは雨の日でも使用することは可能でしょう。ですがレインカバーを、いちいち取り付けないといけないので手間もかかりますし、風でバサバサと音立ててうるさいという問題も有ります。ですから雨の日でも、気にせずに使えるシートバッグが良いという場合は、迷わず防水タイプを選ぶ事をおすすめします。また気になるお手入れ方法なのですが、これに関しては防水タイプも非防水タイプも同様に、どちらもきちんと行う必要が有ります。雨の日に使用したシートバッグは、その後にきちんと乾かして保管しておくことが、長く使用するためのコツです。濡れたまま放ったらかしにしておくと、カビが生えてしまったり、臭くなってしまって使えなくなる場合が有るのです。なので雨に濡れたシートバッグは、場合によっては水洗いをして、風通しの良い場所で蓋を開けた状態で干すようにしましょう。特に防水タイプの場合は蓋を開けて乾燥させないと、内部に溜まった水分が蒸発しきれずに、蒸れてしまうのです。